新たに年金を受給できる方が増えます

請求の手続きをしてください

平成29年8月1日から、老齢年金の受給資格期間が25年(300ケ月)から10年(120ケ月)に短縮されます。

今まで老齢年金を受け取れなかった人でも、資格期間が10年以上あれば受け取れるようになります。

資格期間が10年以上25年未満の方には、日本年金機構から順次請求書が送られますので、請求の手続きをしてください。

詳しくは、首相官邸および日本年金機構ホームページをご覧ください。

年金改革法が成立しました(外部リンク)

必要な資格期間が25年から10年に短縮されます(外部リンク)

受給資格期間とは

国民年金の保険料納付期間と全額免除・納付猶予期間、厚生年金期間をあわせた期間のことです。

また、合算対象期間がある場合、受給資格期間に入ります。

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

合算対象期間(外部リンク)

手続き先

  • 第1号被保険者期間のみの方

  保険年金課

  • 厚生年金や共済組合、第3号被保険者期間のある人

  年金事務所または各共済組合