ICTの推進に関する報告書 (木更津市の地方創生に向けた取り組み)

 インターネットの普及や様々な技術革新によるICTの急速な進展を踏まえ、平成29年3月に「木更津市第2次地域情報化推進プラン」を策定し、市民サービスの向上や効率的な行政運営の実現に向け取り組んできましたが、このたびそのプランを見直し、ICTをさらに加速化させることにより、本市が地方創生に向け取り組んでいるオーガニックなまちづくりの推進につなげるため、平成29年10月24日付けで人事異動発令された22名の職員が、市長の命によりプロジェクトチームを立ち上げ、以下の3つの課題について調査検討を行い、平成30年1月18日に、取りまとめた内容を「ICTの推進に関する報告書」として渡辺市長に提出しました。

取組範囲

(1)電子地域通貨を活用し、市域内の経済循環を高める。
(2)スマートフォンを活用した情報インフラを整備する。
   ~市政情報等を集約(情報の発信と収集)する市独自の自治体アプリの開発~
(3)ICTを活用し、庁内事務の迅速化・効率化を推進する。 

概要版 [1962KB pdfファイル] 

報告書 [1720KB pdfファイル]