中部地域包括支援センター・消費生活センター共催講座「めざせ!スマイル生活」を開催します。

本講座は、地域包括支援センターを市民のみなさまに広く周知し、消費生活センターとの連携を強化することによって高齢者の消費トラブル防止を図ることを主な目的としています。講座の内容については、ボランティア団体「空とぶくじら」メンバー及び消費者教育を推進する「消費者教育サポーター」が企画・運営に深く携わり、紙芝居やクイズ、人形劇など、参加者が楽しみながら学べるような工夫をしています。いざという時に必ず役立つ情報を分かりやすくお伝えしますので、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

講座の概要について

1 講座の名称  「めざせ!スマイル生活」~住み慣れた地域で安心して暮らすために~

2 日時・場所   中部地域包括支援センター担当地域(木更津地区)
         平成29年10月17日(火曜日)13:00~14:00  中央公民館

3 主催団体   木更津市地域包括支援センター、木更津市消費生活センター(共催)

4 講座の内容  人形劇や紙芝居による包括支援センターと消費生活センターの周知、
          クイズで知る両センターのあれこれ、音楽に合わせて心もカラダもリフレッシュ

5 申込方法   電話で申し込み 電話番号:0438-23-8701(市民活動支援課)

6 その他    居住する地区を担当する包括支援センターの講座にお申し込みください。
          ※地区割りについては下記をご参照ください。

地区割りについて

(1) 中部地域包括支援センター
富士見・中央・木更津・新宿・吾妻・大和・東中央・朝日・長須賀・新田・貝渕・潮見・潮浜・築地・新港・木材港・中の島・文京・幸町・桜町・桜井・桜井新町・請西・請西東・請西南・真舟・中里1丁目・中里の一部(水路より南)

(2) 西部地域包括支援センター
高砂・本郷・高柳・若葉町・岩根・万石・久津間・江川・西岩根・中里2丁目・中里の一部(水路より北)・中島・瓜倉・畔戸・牛込・中野・金田東・北浜町・坂戸市場

(3) 北部地域包括支援センター
上望陀・下望陀・有吉・大寺・十日市場・井尻・曽根・牛袋・牛袋野・清見台・清見台東・清見台南・祇園・永井作・清川・菅生・椿・犬成・笹子・日の出町・中尾・伊豆島・ほたる野・太田・東太田・大稲・真里・下内橋・戸国・茅野・茅野七曲・山本七曲・真里谷・田川・佐野・下郡・根岸・上根岸・下宮田

(4) 南部地域包括支援センター
畑沢・畑沢南・小浜・港南台・大久保・羽鳥野・上烏田・中烏田・下烏田・八幡台・矢那・草敷・かずさ鎌足

各団体の紹介

◆木更津市地域包括支援センター
平成18年の改正介護保険法の施行により、高齢者の地域ケアの中核拠点として設置された機関です。木更津市には、中部・西部・北部・南部の4か所のセンターがあります。利用者の居住地区に応じた担当地区制になっており、各センターには社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャーの3種の専門スタッフが配置されています。家族や高齢者からの相談に応じるとともに、要支援者向けのケアプラン作成や成年後見制度の活用支援等を行っています。

◆木更津市消費生活センター
昭和55年4月に開設された県内でも歴史のある消費生活センターです。商品やサービスに関する苦情や問い合わせ等、消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、公正な立場で処理にあたっています。また、相談だけでなく消費者教育を目的とした出前講座の開催や啓発資料の作成・配布、生活に関する情報提供も行っています。

◆木更津市消費者教育サポーター
平成25年4月に設置された制度に基づいて公募を行い、市長が委嘱した5名の方々です。消費生活センターと連携しながら市民社会における消費者教育を推進する活動を行っています。

◆空とぶくじら
平成25年6月に小学校のボランティアスタッフが中心となって発足したお話し会グループです。紙芝居や人形劇を通して消費生活センターの啓発活動を楽しく盛り上げる活動を行っています。

★詳しくはこちらへ → http://www.city.kisarazu.lg.jp/news/detail.12.61467.html