乗合バス事業については、平成14年2月の改正道路運送法の施行に伴い、需給調整規制は廃止され、事業への参入・退出等の規制が緩和されました。
 これにより、交通需要の少ない地方部における乗合バス路線については、不採算路線からの退出の加速が懸念され、地域住民の皆さまにとって真に必要な生活交通の確保に支障を来すことが危惧されています。
 このため、千葉県では、「千葉県バス対策地域協議会」(国、県、市町村及びバス事業者で構成)を設け、さらに各地域に「分科会」を設けて、地域のニーズに応じた具体的な生活交通確保のための方策を協議し、「生活交通維持・確保計画」を策定することとしております。
 このたび、君津分科会では、乗合バスを運行するバス事業者から今後の運行について協議の申出のあった路線について協議を行い、「生活交通維持・確保計画」を別紙のとおり定めたので公表します。

平成29年5月16日 

分科会協議結果等.pdf [92KB pdfファイル]  


               千葉県バス対策地域協議会君津分科会
                                                事務局 君津地域振興事務所内
                                                         TEL:0438-23-1111