職員の懲戒処分について

木更津市

平成29年11月8日

 

 市は、窃盗を行った職員に、次のとおり懲戒処分を行いました。

 

1.被処分者
 消防署富来田分署 副分署長 46歳 男性

2.処分内容
 停職6月

3.処分年月日
 平成29年11月8日

4.事案の概要
 本件は、平成29年8月25日午後8時5分頃、市内のスーパーマーケットのレジ付近にある商品を袋に詰める台に市内の専門学校生の女性が置き忘れた現金4万5千円などの入った財布を盗んだとし、平成29年10月24日窃盗容疑で逮捕されたものです。

5.処分事由
 今回の事案は、法律に触れた内容であり、公務員である以前に、社会人として絶対にあってはならないことです。また、以前より職員の不祥事に対し綱紀粛正について通達していた最中、他の職員を指揮監督する立場であるにも関わらず、窃盗事件をおこしたことは、公務員としての自覚に欠けた、全体の奉仕者としてふさわしくない非行であるといわざるを得ません。また、職員全体の信用を失墜させる不名誉な行為であることから、地方公務員法第29条第1項第1号及び第3号の規定により、懲戒処分を行ったものであります。

 

(問合せ先) 総務部職員課
      電話 0438-23-7468